アオバからのプレゼント

こんばんは。

晴(haru)です。

 

今日は昨日に引き続き、撮影の練習をしていました。

 

が、アオバは床が嫌いなのか、背景に使っている布が緊張するのか、

 

セットした場所に中々止まってくれません。

 

なんでー!?と思いながら十数回チャレンジしましたが、今日は成功ならず。

 

もう仕方ないなーと言いながら、花の中で不格好になっている原因の、切り取っていた二つのアジサイの花を目の前に上げると、なんと!

 

f:id:AobaHaru:20170803200122j:plain

 

咥えて走り出し、

 

f:id:AobaHaru:20170803200408j:plain

 

ちょっと下がって方向転換

 

f:id:AobaHaru:20170803200508j:plain

 

一回落として

 

そして、

 

f:id:AobaHaru:20170803200438j:plain

 

「晴、プレゼントだよ」

 

ングフっ!?と動揺で変な声が出ましたが。

 

アオバから初めてのプレゼントですっ!!

 

なっ、なんて可愛いんだっ!(親バカ)

 

興奮しすぎる私に驚いたのか、受け取る前にアオバが口から離してしまいましたが、嬉しすぎて絶叫しそうになりました。

 

アオバを怖がらせないために「ありがとうねえっ!!大好きよっ!」という程度に抑えましたが、アオバがいなかったら(いなかったら元々こんな嬉しいことはおきないのですが)、絶叫していたに違いありません笑

 

そして、撮影を嫌がって逃げた先のおやすみカバー(自作の粗雑)の上で写真をパシャリ。

 

f:id:AobaHaru:20170803201016j:plain

 

単焦点なのにこんな近くで撮れました!

 

わーい、ありがとうねアオバ。

 

カメラに乗ってこなかったのは、撮られるのが嫌だったのかなとも思いつつ。

 

でもこの至近距離はなかなか撮れないので、私としてはありがとうです。

 

 

そして、アオバとは関係ありませんが、本日、スイカを食べました!

 

なんだか、遠いところの知り合いから(詳しくは知らないです)一玉が届き。

 

それが異常なまでに大きく重く。

 

母と二人がかりで何とか四つに割って冷蔵庫に。

 

全体の約八分の一を母と二人で食べました。

 

f:id:AobaHaru:20170803201237j:plain

 

私の分です。

 

ぶっちゃけ、食べすぎだと思いますが。

 

でも、今まで食べたスイカの中で一番おいしかったので、まだあると思うと涎がでます!笑

 

アオバに食べさせてあげられないのが残念ですが、体に悪いものをあげるつもりはないので、アオバの分まで楽しみますねー。

 

プレゼントをもらったのにお返しできなくてごめんね、アオバ。

 

後日、何かプレゼントしようと思います!

 

 
押してくださると嬉しいです!

 

それでは。